不動産の売買は物件の資産価値が決め手~プロにHelpCall~

不動産

任意売却で手放す

銀行などからお金を借りて一戸建てを建築したとき、借りたお金を返済する義務が必ず発生します。しかし、ローンの返済が滞ってしまい、返済することが困難になってしまった場合には不動産を手放すことになってしまいます。こうした際、銀行からの差し押さえで不動産を手放してしまうよりも、自分で判断して売却する方が高いメリットを得ることができます。それが任意売却と呼ばれる方法です。任意売却をすることで、通常ならば差し押さえられ安価に競売にかけられてしまう不動産を、市場とほぼ変わらない値段で売却することができます。差し押さえられた不動産の売却に関わることはほぼできず、売れた金額よりも返済金額が高い場合には残りの返済金額を自分で調達する必要があります。不動産を売却する場合、家を売却して得たお金は返済として使用する義務があります。そのため、売却する金額が高ければ高いほど、ローンの返済を滞り無く済ませることができるのです。

任意売却を行うことで、満足のいく値段で不動産を売却することができます。差し押さえで競売にかけられる場合と比較しても、高額な値段で手放すことが可能となります。高額で手放すことで、新しい生活資金を調達したり引越し資金の足しにすることもできます。しかし、ここで注意をしなければならない点があります。任意売却で不動産を売却した場でも、返済金額には足りなかったときには支払いの義務は残っているということです。差し押さえによる競売と同様、返済金額が変動することはありません。競売よりも高額で売却ができる任意売却ですが、大きなローンを組んで多額の借金をしてしまった場合には、不動産の価値よりも返済金額が高くなってしまうことがあるのです。この場合、お金が無いことを理由に返済を行わないという主張は通りません。勿論事情によっては対応も変わってはきますが、自己破産申告をしない限りは返済の義務は続きます。そのため、売却を行ったあとには誠意を持って話し合いを行うことがとても大切になります。